生え際の後退が気になる人が摂取したい「亜鉛」とは

亜鉛が不足すると男性には様々な問題が

髪の生え際の後退が気になっている人にとってぜひ摂取したい栄養素の一つに「亜鉛」があります。
亜鉛は髪を作る元であるタンパク質を生成するためには欠かせない栄養素であり、体の中で不足すると抜け毛や薄毛が進行し健康な髪も痛みやすくなり、また男性にとっては重要な精力減退の症状も起こります。
そのため育毛剤男性用のサプリメントに亜鉛が含まれているものが多いです。

 

亜鉛は私達の体で作ることができないため、食事やサプリメントを通して摂取しなければなりません。
亜鉛を摂取することでAGAにより薄毛を進行させる男性ホルモンを作る酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑制する効果が期待できます。

 

亜鉛が最も多く含まれている食品は牡蠣ですが、その他にもレバーやうなぎに多く含まれています。

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれている

普段の食事で摂取する分には過剰になることはありませんが、サプリメントで必要以上に摂取すると過剰症になり嘔吐や腹痛などを起こすこともありますので使用方法を守って摂取するようにしましょう。

 

また亜鉛は単独では体に吸収されにくい栄養素であり、食物繊維を一緒にとると吸収どころか放出されてしまいます。
体に吸収されやすくするためにはビタミンCを一緒に摂取すると効果的ですのでぜひ工夫して摂取することをおすすめします。

生え際の後退で悩んでいる人におすすめの「増毛」「植毛」とは

生え際の対策にはサプリメントなど様々な方法がある

生え際の後退で悩んでいる人がまず行いたい対策は育毛剤サプリメントを使うことや生活習慣を改善すること、そして病院に相談することです。
これらの対策を長期的に行っても症状が改善しない場合は増毛や植毛という手段を取る方法もあります。

 

増毛や植毛は生え際の薄毛にも有効な対策ですが、両者には違いがあります。
施術する場所によって方法に多少の違いはありますが「増毛」は自分の毛や人工の毛を自分の毛に結びつけたり、人工の毛がついたシートを頭皮に貼り付ける方法で「植毛」は自分の毛や人工の毛を薄毛の部分の毛穴に植え付けることです。
両方ともテレビでCMを行っているサロンで行うことができます。

 

増毛はすぐに毛を増やすことができるのがメリットですが自分の毛が伸びてきた時にはメンテナンスが必要です。

増毛と植毛にはデメリットもある

また増やした毛は自分の頭皮の毛穴から出てきた毛ではないので自分の毛が増えたということにはなりません。

 

一方で植毛は施術後に毛が伸びるので薄毛になる前と同様のヘアスタイルやヘアケアを行うことが可能です。
しかし医療行為であり、外科手術で行うためお金がかかることがデメリットです。

 

まずは無料でカウンセリングを行っている所が多いので気になる人は話だけでも聞きにいくことをぜひおすすめします。